おすすめロボット教室の選び方・料金などを紹介します

ロボット教室

ロボット教室?どんなことやるの?将来の役に立つの?

と思うかもしれません。

確かに、一般的なピアノ、スイミング、公文、そろばん、サッカー、、、といったメジャーな習い事ではありません。

でも、世間的にはまだまだ有名ではありませんが、これからAI(人工知能)が社会に浸透する時代、ロボットなどの機械的・IT的な分野に子供の頃から触れておくことが非常に重要になってきます。

当サイトでは

  • なぜロボット教室がおすすめなのか?
  • 子供の成長にどんな効果があるのか?
  • ロボット教室ではどんなことをやるのか?
  • ロボット教室の月謝や費用はどのくらいか?
  • おすすめのロボット教室はどこなのか?

といったことをご紹介していきます。

なぜロボット教室がおすすめなの?

これからの時代、今まで以上にロボットなどの機械、プログラミング、ITの技術が必要になります。

2020年から小学校でのプログラミンが必修となる

AI(人工知能)やITの社会的普及にともない、子供の教育カリキュラムも年々変化しています。

今でも中学生では、技術家庭科の中でプログラミンが必修となっていますが、2020年から小学校でもプログラミング教育が必修となります。

これは、小さい頃からコンピュータに触れておくことで、プログラミングやパソコンなどのIT分野に慣れておくこと、将来、IT分野に苦手意識をもつことなく活用できるようになることを目的としています。

発想力や判断力がついて頭のいい子供になる

これは、ロボット教室の効果の章でもくわしくご説明しますが、ロボットの制作をとおして頭を使うことで、子供の頃から豊かな発想力・判断力・表現力が身につきます。

  • どうやって動くようになるのかな?
  • あの形に作るためにはどうしたらいいんだろう?
  • なんで上手く動かないのかな?どこがダメなのかな?

こういった表現力・判断力は子供のうち飛躍的に伸びる力なんです。

ロボットつくりは楽しい!!

プログラミングが必修なら、プログラミング教室でもいいじゃん。

と思うかもしれません。

たしかにプログラミング教室もあって、そこでもプログラミングを学ぶことができるのですが、私はロボット教室をおすすめします。

なぜなら、ロボットつくりは単純にめちゃくちゃ楽しいから!

実際に、ロボットをつくって、動かして、というのは子どもがワクワクします。大人でも楽しいくらいです。

子供の成長には、このワクワクが超重要。

ワクワクするからこそ、楽しいからこそ、集中するし、のめり込むし、考えます。

それが、集中力・思考力・表現力の成長につながります。

もちろん、全ての子どもが楽しいと思うわけではないけど、だからこそ、一回でいいからロボット教室を体験して欲しいです。みんな楽しそうに集中してロボットつくってますよ。

子供の成長にどんな効果があるの?

ロボット教室おすすめでもご説明しましたが

  • これから必修となるプログラミング知識
  • AI(人工知能)・プログラミングに関する知識
  • 表現力
  • 発想力
  • ものごとを解決する思考力・問題解決力
  • 集中力

などです。

単に技術や知識だけではなく、将来の可能性を広げるための表現力・発想力・集中力が身につきます。

こういった表現力や発想力は小さい子供のうちにしか身につきません。

吸収力のいい子供のうちだからこそ、飛躍的に伸びる力なんです。

よく「天才は遺伝や生まれて時に決まっている」と言われますがそんなことはありません。

もちろん、もともとの飲み込みの良い・悪いといった違いはあります。

ですが、小さい頃の教育の過程で伸ばすことのできる力です。

ロボット教室の効果や将来どういったことに役に立つのか?といったことは、以下のページに詳しくまとめてあります。ぜひ合わせて読んでみてください。

ロボット教室ではどんなことをやるのか?

ロボット教室はその名称どおり、基本的にはロボットをつくります。

ロボットを作るために、設計書を読んだり、問題を問いたり、プログラミングしたり、自分で設計を考えたり、ロボットのデザイン・動かし方を設計して実現します。

実際のロボット教室では、対象年齢やカリキュラムで細かいコースが分かれています。

当サイトでおすすめしたいロボット教室では、以下のようなコースがあります(一例)

対象年齢 期間 内容
プライマリコース 5,6歳~ 1年 ロボットをテキストに沿って作成するコース。パーツ名を覚えたり、パーツ数や取り付け位置を数えたりするうちに自然と文字を読む力・数を数える力も養います。
ベーシックコース 小学生 1年半 テキストの写真を見ながらさまざまなバリエーションを持ったロボットを正確に製作し、構造や動きの仕組みを学びます。選択式や穴埋め式の設問に取り組みながら理解を深めます。失敗や成功をたくさん経験しながら自分だけのロボットに改造していきます。
ミドルコース 1年半 より複雑な構造でさらに面白い動きをするロボット製作に 取り組みます。テキストの写真点数が少なくなり、観察力や空間認識能力をさらに養います。設問も記述式が増え、自分の考えを論理的に説明することも求められます。目的意識を持って改造を行います。
プログラミングコース 2年 製作手順を示した写真ではなく、図面を見ながらロボット製作に取り組みます。本格ロボットの3要素である入力系(センサー)・制御系(マイコン)・出力系(モーター)を組み合わせることで、ミドルコースまでのロボットにはなかった、より自律的な賢いロボットを作り上げていきます。実験や観察の内容もより高度になり、グループで話し合いながら到達目標を明確にして改造を行います。

どのコースも「ロボットをつくる」といった基本的な内容は変わりませんが、難易度が異なります。

小さい頃から徐々にレベルアップすることで、楽しみながら自然に発想力や表現力が育っていくのが、コース別のメリットです。

ロボット教室の月謝や費用はどのくらいかかるの?

ロボット教室によって異なりますが、大体は以下のような月謝と費用です。

  • 月謝(月々):1万円~2万円(テキスト代込み)
  • ロボット代(初期費用):3万円くらい
  • 入会金:0円~1万円
  • 授業頻度:月2回~月4回

一般的な他の習い事にくらべて、回数が少ないように思えますが、ロボット教室は中身の濃さが全然違います!

とにかく楽しいから、子どもは授業の最中は集中しっぱなし!

真剣なまなざしで集中して取り組む姿を見ると「うちの子もこんなに集中することができるんだ」と親も感心しきりです。

ものごとは、集中するからこそ身につきます。伸びます。

1回1回の授業が濃いから、月2回~4回程度でも飛躍的に子供の能力が伸びていくんです。

この効率の良さもロボット教室のメリットですね。

また、月2回~4回なので、他のスポーツ系の習い事もさせたい!というときにも、習い事だらけにならずに済みます。

おすすめのロボット教室はどこなのか?

当サイトで一番におすすめしたいロボット教室が「ヒューマンアカデミーロボット教室」です。

ヒューマンアカデミーロボット教室

ロボットクリエイターの第一人者で、東京大学の先端科学技術研究センター特任准教授である高橋智隆先生が監修されていて、全国1,000教室以上あるのが最大の魅力です。

授業のカリキュラム(コース)がしっかりしていて、子供の年齢や能力に合わせて取り組みやすい内容が組まれているのもメリットです。

そしてなにより、どこの教室に行っても、子供が夢中で楽しそうにロボットつくりに取り組んでいます。

楽しく学ぶ、楽しみながら能力を伸ばす。

そんなことが実現できるロボット教室です。

ヒューマンアカデミーの無料体験の詳細はコチラ

ロボット教室の最大のメリットは?

ロボット教室最大のメリットは、子どもが楽しみながら、総合的な能力が鍛えられることです。

子供のロボット教室

子供の能力を引き出して伸ばすためには、この楽しみながらというのがとても重要。

楽しいからこそ集中するし、集中するからこそ飲み込みが早く身につきます。

ロボット教室では

  • 思考力
  • 観察力
  • 集中力
  • 空間認識力
  • 発想力
  • 想像力
  • 創造力
  • 達成力

が身につきます。

これらの能力は、頭をつかう仕事や勉強だけではありません。スポーツにおいても必要な能力で、体を鍛えること以外にこういった能力を伸ばすことで、スポーツの才能も大きく開花するんです。

2020年からプログラミングの授業が必修となって、こういったロボットやITの技術・考え方がますます求められる時代になります。

子供への習い事を考えているなら、ぜひロボット教室も選択肢のひとつに入れてみてください。

いきなりお金を払って入らなくても、無料体験教室があります。
まずはそこで教室の様子や子供の反応を見てみましょう。

大人でも楽しめそうなロボット作りだから、子供は間違いなく楽しくハマるはずですよ!

大人もプログラミングの時代

子供だけでなく、大人もこれからはプログラミングの時代です。

プログラマーやエンジニアの需要はどんどん増えています。

でも

  • もう就職して違い仕事してるし今からなんてダメでしょ?
  • プログラムとかITとか、理系脳じゃないから無理

と思ってませんか?

そんなことはありません。

公務員や事務職からプログラマーやエンジニアに転職してる人はたくさんいます。
文化系の人でも、IT企業で活躍して高収入・高待遇を得ている人もたくさんいます。

プログラムの世界は覚えるかどうかです。
難しい理系の考え方は必要ありません。

プログラミング言語を覚えれば誰でも仕事ができます。働けます。

「プログラマーやエンジニアは頭が良くないとできない」といった間違った情報があるからこそ、プログラマーやエンジニアは需要が多く高収入・高待遇になりやすいんです。

プログラマー・エンジニアへの転身のキッカケとなるのがプログラミングスクールです。

初心者でも3ヶ月~6ヶ月という短い期間で仕事で通用するほどのプログラミングスキルを身につけることができます。
スクールによっては、卒業後の就職・転職のサポート・斡旋をするサービスもあります。

プログラマーやエンジニアになることは全く難しいことではありません。
そして需要はこれからどんどん増えて、長く働ける仕事になるんです。

以下のサイトでは、実際に働きながらプログラミングスクールに通ってプログラマーとしてIT企業に転職した管理者が、プログラマーとして転職するためのポイントやおすすめのプログラミングスクールを紹介しています。

プロチェキ | おすすめプログラミングスクールの料金や評判を徹底比較

ぜひ上記のようなサイトを参考にして、プログラマーやエンジニアを目指してみてください!

高収入・高待遇の仕事を手に入れましょう!!